novelists

Gabriel García Márquez / ガブリエル・ガルシア=マルケス

>> return to the list

1928.03.06 - 2014.04.17 (aged 86)

Osamu's Summary

  • ・フォークナーから絶大な影響を受けていることは有名。
  • ・1967年の代表作「百年の孤独」が世界的に大ヒット。「難しい」と言われるフォークナーの手法を異常なまでに拡大させつつ、独自の神秘的な描写を用いて、誰もが斬新だとわかる文体へと鮮やかに昇華。 世界中の文学界に衝撃を与える。
    以降、フォークナーとG=マルケスに影響を受けた作家が多発する。現在の文学、特にノーベル賞を受賞する作家のほとんどが彼らの影響を受けている。
  • ・1982年ノーベル文学賞
    受賞理由は「現実的なものと幻想的なものとを融合させて、一つの大陸の生と葛藤の実相を反映する、豊かな想像力の世界を構築した」
  • ・ちなみに日本ではよく「マルケス」と呼ばれるが「ガルシア=マルケス」までで一つの名字なので勝手に省略しないように。

Profile

Nationality コロンビア
Born アラカタカ
Notable Works 1967年『百年の孤独』
Awards 1982年ノーベル文学賞

Quotation

Many years later, as he faced the firing squad, Colonel Aureliano Buendía was to remember that distant afternoon when his father took him to discover ice.

At that time Macondo was a village of twenty adobe houses, built on the bank of a river of clear water that ran along a bed of polished stones, which were white and enormous, like prehistoric eggs.
長い歳月が流れて銃殺隊の前に立つはめになったとき、
恐らくアウレリャノ・ブエンディア大佐は、
父親のお供をして初めて氷というものを見た、
あの遠い日の午後を思いだしたにちがいない。

マコンドも当時は、
先史時代のけものの卵のようにすべすべした、
白くて大きな石がごろごろしている瀬を、
澄んだ水が勢いよく落ちていく川のほとりに、
葦と泥づくりの家が二十軒ほど建っているだけの
小さな村だった。
(※鼓直氏の翻訳をそのまま記載)